終章へ

             
 
    
        
    乾いた街に
    舞い落ちる枯れ葉
    冷気に晒される
    虫たちのなきがら
    小さな営みのエピローグ
    秋は死を垣間見せる

    落ち葉は北風に葬送され
    虫たちのなきがらは
    蟻によって葬送される
    自然の摂理の
    おごそかな葬式
    秋は死のドラマを演出する

    紅葉のスクリーンに
    一瞬のきらめきを残して
    秋の時は
    終章へと向かう