トップページ>>ニュースレター>>19号
ニュースレター


第19号


私の感じたここちよい景観  川のある風景 入江直子
フレームに入れてしまおうとすればするほど、シャッターが切れなくなってしまった。「私は、いったい何を撮ろうとしているのだろう・・・」そんなことを考えると余計に。翌日、橋の上に仔んで「ああ、やっぱりこの感じ・・・」と思った。毎日通る、何の変哲も無いこの川沿いの道、ガードレールと護岸工事で両岸を固められているのが残念だが、水量もあり水草の陰に蟹もいるし、ハゼも泳いでいる。生活汚水にやられた後、もう一度生き返った、そんな感じがする。  私は幼い時から海が好きだった。家の横にすぐ川が流れ、5分も歩けば砂浜があった。目の前にはいつも水面の輝きがあり、目を閉じれば水の流れの音は絶えることなく、そして海風と山風が交互に吹いていた。  そんな「快」の原風景が私にあるにせよ、「水の流れ」そのものには「癒し」と「生」ヘのエネルギーがあるように思う。  水の流れは、私たちの五感に響き、魂の寸意を呼び起こす。目、耳、鼻、皮膚、すべてから感じられる、私たちの動物としての「快」の記憶が人間の形になった今でも「水の流れ」を生活の中に求めているように思う。 視覚だけでなく、五感に響くとき、人は心地よさを感じるのかな。
98手作り景観賞(第6回)を実施します

 1996年度(第5回)に開催した内容で実施します。新しい試みとしては、 今後インターネットの活用が進むことから、インターネット上で審査して もらい上位の作品に送る「イン夕一ネット賞」を設けることにしました。 皆様のご応募、ご参加をお待ちしています。

1998年度はこんな活動をします

今年度は、私たちの中心となる事業である"手作り景観賞"の募集・審査・表彰を行います。さらに、登録文化財の活用について検討することにしてます。引き続き、皆様のご支援、ご協力を賜わりますよう、よろしくお願いします。

登録文化財の活用を検討 文化財保護法の改正により、登録文化財制度が発足しました。近代の建造物を見直すことは景観を考える上でとても重要ではないかということで、登録文化財の活用について検討することにしました。下関市文化課の協力も得て、現地見学会を開催することにしています。その上で、各自の意見をまとめ、グルーブでの議論ののち、報告書として整理することにしています。 11月22日の手作り景観賞の交流会&表彰式の前に、「景観セミナー」と題して、グループとしての活用に関する意見は発表することにしています。興味のある方はぜひ積極的にご参加ください。またご意見もお待ちしています。

毎月開催しているミーティングを少し変更しました
1998年度のミーティングから次のように変更しました。サロン性を強めています。いろんな人と議論したい、自分の考えていることについて意見がほしいといった方はぜびご参加ください。自由に出入りできます。 ○開催日・時刻:毎月第3土曜日18:30−21:00(予定) ○会場 :山口芸術奏豆期大学教室(2F) ○内容 :グループが実施する事業の事務的な打ち合わせのほか、各自でメンバーに相談したいテーマを待ち寄る、適当な情報交換、雑談などを行っています。 ○その他 :従来はミーティングの案内をしていましたが、特別な場合以外は連絡しないことにさせていただきました。 引き続き、ニュースレターの発行や活動報告書の作成も会員の皆様への情報紙であるニュースレターについては、毎年同様、3回発行する予定です。 また活動報告書についても、引き続き作成したいと思っています。(文責:東孝次)

近代の建造物を楽しむ会    
ご案内 下記により、下間市の近代建築等を見学します。 登録文化財の生かし方について一緒に考えてみませんか。 多数の方々のご参加をお待ちしています。            記 ○開催日 1998年6月14日(日) ○主催  まちのよそおい・ネットワーク ○集合場所・時刻 山口芸術実豆期大学・駐車場午前9時(時間厳守でお願いします。) ○現地集合場所・時刻 下関市役所(下関市南部町1−1)正面玄関前午前10時            玄関前に駐車場あり、満車の場合は他の駐車場へ誘導 ○案内人   町田一仁氏(下関市文化課)ほか ○参加費   1000円(交通費のみ、現地集合者・学生は無料) ○参加申込先 県庁住宅課東(あずま)TEL0839・33−3874 FAX:0839−33−3899                   Email: azumako@ymg.urban.ne.jp ○参加申込方法 上記申込先まで、FAX又はEメールにてお申し込みください ○参加申込期限 6月10日(水) ○解散予定時刻 最終見学先午後5時頃を予定しています ○見学箇所   旧英国領事館、下関南部町郵便局(旧赤問関郵便局)、         秋田商会、山口銀行別館(旧三井銀行下関支店)、         下関市庁舎第一別館(旧下関郵便局電話課分室)、         ロダン美容室(旧宮崎商館)JR西日本下関建築区(旧山陽ホテル)、第四港湾建設局ドック、宇部西町公民館(旧塩専売公社長府塩取引所)、下関市水道局内日貯水池関係


編集後記
編集局が解体して4年目になります。今年度もなんとか3回は発行したいと考えています。皆様の積極的なご協力、よろしくお願いします。 さて、NPO法(特定非営利活動促進法)が平成10年3月25日公布されたことをご存知でしょうか。山口県でも施行に向けた条例制定作業が進められています。以前、NPOの山口県におけるセンターを目指した活動をと言っていましたが、山口県ボランティアセン夕一を事務局とする「NPO懇談会」が6月に発足することになりました。当面、事務局としては関わらなくてよくなりました。そこで、住まい・まちづくりのNPOとして活動したいと考えています。皆様のさらなるご協力をお願いします。【東】