G 日本メソジスト山口信愛教会

キリスト教プロテスタント各宗派のうちの一つ、メソジスト派の教会。山口での布教の開始は明治24年で、のち活動の拡大に伴って明治40年この地に教会堂が建設された。旧聖堂は、社会活動家の本間俊平が設計し、独特なプロポーションを持つとんがり屋根の塔屋と正面のバラ窓が印象深い建物であったが、老朽化が進み、平成3年に建て替えられた。 現聖堂は小規模ではあるが、ガラスの十字架や外壁の小径木などの色合いがヒューマンな雰囲気を醸し出している。旧聖堂解体中に親石の中から聖書が見つかり、その石は定礎の石として現在玄関横に飾られている。
 G 日本メソジスト山口信愛教会
平成3年
今井徹也建築設計事務所
椛蝌a建設
山口市後河原138
鉄骨造2階