E 山口市営中河原アパート

山口市は昭和27年に湯田元町に3階建アパートを建設し、昭和33年には清水アパートで早くも1階店舗付きのゲタ履き共同住宅を完成させるなど、住宅建設に積極的に取り組んでいた。昭和35年、山口での国民体育大会の開催が決まり、市内各所の重要幹線道路が整備される機運が盛り上がった。当時一の坂川沿道に広がっていた川端市場も、国道9号線の貫通に伴って全面的に整備されることとなり、現在のような1階を市場とし上層部に共同住宅を乗せた形の市営中河原アパートが建設されたのである。早い段階での再開発事業の先駆けともなるものであり、この住宅棟は当時全国的にも話題となった。
E 山口市営中河原アパート
昭和37年
山口市建築課
施工者不明
山口市中河原町
RC造地上5階