5 山口県春日山庁舎 (旧山口県立山口図書館)

後河原にあった旧県立図書館(9.書庫のみ残存)が老朽化したため、大正15年皇太子が山口を訪問されたのを記念して、防長先賢堂(6.)と共に春日山に建設されたのがこの新図書館であった。春日山一帯を文化教育のゾーンとして総合的に整備する構想は、都市計画的な走りとして注目される。 正面の垂直感あるデザイン、外壁にはめ込まれたテラコッタ、車寄せ柱頭の幾何学模様などから、全体としてジャーマン・セセッション風と言われる。内部は改修が繰り返されているが、階段室廻りや3階の広間に当初の意匠が残っている。現在は庁舎の一部として使用されている。
5 山口県春日山庁舎
(旧山口県立山口図書館)
昭和3年
山口県土木課営繕係
大林組
山口市春日町
RC造3階建