I.下関水上警察

水上警察の創立は、明治18年、赤間関警察署の西南部町巡査派出所でその事務を兼務したことに始まる。その後水上警察巡査派出所、赤間関警察署水上警察派出所などを経て、明治29年に独立して赤間関水上警察署となった。明治37年、山口県の全海域を管轄することとなり、38年最初の新庁舎が建設された。昭和9年、岬之町に新築移転したのが2代目であり、現在の建物は3代目。 1934年(昭和9年)に建設された。建物中央部に塔状の玄関をもち、玄関の左右に平面プランが分配されている。しかし、正面右側の海に面した塔状立面をもつ隅角部のため、この建物はシンメトリーとなっていない。警察署の建物とはいえ、暖かみを感じさせる外観となっていた。
I.下関水上警察
 警察署
 1995年(平成7年)
 山口県建築指導課・(有)松重建築設計事務所
 日東建設・佐藤建設共同企業体
 下関市観音崎町15
 RC造4階建