2 下関水道局水道資料室(旧日和山浄水場管理事務所)

下関の上水道システムは、内務省のお雇い外国人バルトンの基礎調査に基づき、山口県技師瀧川釛二により設計され、1906年(明治39年)竣工、全国でも9番目に布設されたものである。現在、内日第一貯水池、高尾浄水場、更に水需要の増大により大正から昭和にかけて拡張された内日第二浄水池、日和山浄水場の諸施設が残っている。いずれも下関の近代化を象徴する土木・建築遺産として、近年登録文化財に指定されたものが多く、見所がある。日和山浄水場は、九州帝国大学教授の西田精が計画を立案したもので、濾過池、配水池などが建設された。管理事務所は、外壁モルタル塗のこじんまりした建物であるが、入口庇や窓上部などに鋸歯形模様、軒下には雷文などの様式が見られ、どこか暖かみを持ち、存在感のある建物である。建物に至る階段や塀などにも歴史を感ずることができる。
2 下関水道局水道資料室
   (旧日和山浄水場管理事務所)
事務所
1929年(昭和4年)
西田 精
下関市長崎中央町1−1
RC造平屋建
登録文化財