16 めぐみ幼稚園第2園舎(旧バプテスト伝導社団神父レイ邸)

明治初期各地に数多く建てられた、開放的なベランダを持つコロニアル様式の白の西洋館。高台の緑に囲まれて建つバプテスト派神父のための住居であり、やや老朽化が進んでいるものの、ノスタルジックな雰囲気は神戸や長崎の西洋館と遜色はない。1階正面のアーチや2階ベランダ廻りの木組のデザインが外観上の特徴だが、造りそのものは非常に簡潔である。内部の階段やマントルピースなども異国情緒をかきたてている。
16 めぐみ幼稚園第2園舎
   (旧バプテスト伝導社団神父レイ邸)
 住宅
 1905年(明治38年)
 E.ワーン
 不明
 木造2階
 下関市上田中町2丁目−13−30