1 下関国鉄ビル(旧山陽ホテル)

明治34年(1901)、神戸下関間を結ぶ山陽鉄道が開通し、釜山などへの渡航場所と接していた下関駅周辺は、大陸に向かう玄関口として賑わいを見せた。この鉄道開通の翌年、渡航者のための宿泊所として初代山陽ホテルが建設された。木造で厳かな雰囲気を醸し出したこのホテルには、大陸へ向かう皇族などは必ず宿泊したと言う。大正11年に火災により焼失した後建設されたのが、この建物である。設計は、赤レンガの東京駅(大正3年)の設計者として知られる辰野金吾率いる当時一流の辰野葛西建築事務所が担当した。外観は、外装タイル貼りとし、西洋古典の模倣を避け、セセッションを基調とした近代感覚あふれるものとなっている。微妙な凹凸のある壁、アーチの窓、またアールヌーボー調の鉄骨装飾を持つ車寄せ上屋などが建築様式的には興味を引く。現在は貸事務所として使用されており、内部はかなり改修されているが、玄関の大理石階段、エレベーターシャフト回りのテラコッタなど細部に優れた意匠が見られる。
1 下関国鉄ビル(旧山陽ホテル)
事務所
1923年(大正12年)
RC造地上3階、地下1階
辰野葛西建築事務所

下関市細江町3−2−7