トップページ>>近代建築研究>>今年度の活動
近代建築研究


なぜ近代建築研究に取り組むのか
山口県内には、明治から昭和戦前に渡って建設されてきた、いわゆる「近代建築」や「近代化遺産」が数多く残されています。ところが、必ずしも現代にうまく活かされているわけではなく、近年の「下関市役所第一別館(旧下関郵便局電話課局舎)」の解体をめぐる動きのように、「古くなったから壊す」というスクラップ・アンド・ビルドの考え方で、取り壊される危機にあるものも少なくありません。
 私たちは、県内に残されたこうした近代化遺産、近代建築に焦点を当て、新たな視点からそれらの歴史と建設経緯を探り出すと共に、現代にうまく活用できる方策を検討するため、以下のような活動を行うことを目的とします。
  1. 全国及び県内の近代建築・近代化遺産の保存、活用に関する情報収集
  2. 県内の近代建築等に関する広報活動
  3. 全国の近代建築研究関連団体との情報交換

2002年の活動
これまでの活動
  1. セミナー「近代建築の再生」(1998年度)
  2. 近代建築の魅力シンポジウム&トーク(1999年度)
  3. 「山口県旧県庁舎を設計した建築家・武田五一展」の開催(1999年度)
  4. 市民フォーラム「歴史を生かしたまちづくり」(2001年度)
  5. マップの制作 山口市内近代・現代建築map 下関市内近代・現代建築map
  6. 第3回目の山口近代建築研究会
  7. 第4回目の山口近代建築研究会
  8. 第5回目の山口近代建築研究会
  9. 第6回目の山口近代建築研究会